高齢者介護向けのスープはネット通販で買える

総務省が調査をしたところ、2021年の時点で約1600万世帯が自宅で高齢者を介護していることが明らかとなりました。超高齢化社会となっている現在では、家族が親や祖父母の世話をするというのは基本的なことといえます。今後も増加する見込みで、各社メーカーでも高齢者用アイテムを数多く開発をされているわけです。とくに食事面はシビアとなり、固形物を避けつつ、栄養価の高いものを提供しなくてはいけません。

どのような食べ物を用意したらいのかわからない、という方がいたらネット通販を活用することです。簡単にここで、高齢介護向け通販で人気となっている食材をご紹介しましょう。それはスープであり、ポタージュからコンソメ・ワカメなどの色んな種類で構成をされています。通販ストアならどこでも買えるのですが、理想的なのは福祉介護向け通販です。

大半がメーカーの公式オンラインストアとなっており、卸価格で尚且つ大容量で手に入れることができます。スープを利用するメリットは、誤嚥性肺炎を防げる点です。固形物は飲み込む力が衰えている方には不向きで、医療機関でも避けるようにと指示をされます。その点スープは粘り気も硬さもないので、誤嚥性肺炎を引き起こす心配は一切ありません。

単なる一般用スープとはことなり、高タンパク質・カロリーで塩分控えめであるのもポイントです。1食分をまかなえる栄養価で食が細くなった方にもおすすすめできるものとなります。スープの通販のことならこちら

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*